事故物件・訳あり物件は、不動産買取を行う専門業者に処分を依頼するメリットが大きいことをご存知でしょうか。今回は、事故物件・訳あり物件には業者買取がおすすめな理由と、専門業者に依頼するメリットを解説します。

事故物件の売却が難しい理由

まずは、事故物件や訳あり不動産の売却事情について説明します。

事故物件の所有者に与えられている選択肢

事故物件をどのようにして売却や活用するか、所有者にはいくつかの選択肢があります。

1.売買仲介で売却
2.事故物件として売り出さない
3.売却しない
4.不動産買取

まずは、一般的な不動産売却と同じように売買仲介で事故物件の購入希望者を探す方法です。事故物件ということを説明し、相場からある程度値下げをして買主を募り、購入希望者との折り合いがつけば売却ができます。

2つ目は、同じく売買仲介によって事故物件や訳あり物件であることを隠して売りに出す方法ですが、この方法は適切ではありません。心理的瑕疵や物理的瑕疵に相当する事情については売る側に告知義務が課されています。この義務に違反して物件を売却してしまうと契約解除や損害賠償責任が課される可能性があります。

3つ目の、そもそも事故物件や訳あり物件を売却せず、解体やリフォームをして自身で活用する方法です。しかし、上手に活用できるケースは稀なので、必要性がないにもかかわらず所有を続けるのは、固定資産税などの維持費が負担になるだけという声もあります。

4つ目が、今回のテーマである不動産事業者による買取という選択肢です。事故物件を売却するならおすすめの方法です。詳しくは後述します。

事故物件や訳あり不動産の買い手を探すのは難しい?

事故物件や訳あり不動産の購入希望者を探すのは簡単なことではありません。物件へのマイナスイメージはなかなか払拭できないからです。大きな金額が動く不動産売買において、ネガティブな性質が付帯した商品は市場からどうしても敬遠されてしまいます。

仮に買い手が見つかったとしても、売却希望価格では売りにくいという特徴があります。「激安なら買ってもいいよ」というわけです。また、そもそも多少の減額をしても、そう簡単に購入希望者は見つかりません。「これ以上値段を下げるのは難しいが、さらに割引をしなければ売却ができない」というジレンマを抱えたまま、事故物件や訳あり不動産の所有を続ける人も少なくありません。

このような現実があるなかで、何のノウハウもない状態で、事故物件や訳あり不動産を売却しようとするのは現実的とはいえません。特殊な事情を有する物件を手放したいのであれば、ノウハウを持った業者を頼るのがおすすめです。

買取業者が事故物件を購入できる理由

事故物件や訳あり不動産を捌くことができる事業者と、そうでない事業者の違いについて詳しくみていきましょう。

売買仲介業者は不向き

売買仲介とは、売買契約を仲介するもので、売りたい不動産の購入希望者を探すことを主たる業務とします。つまり、売買仲介業者が不動産を買い取ってくれるわけではなく、買い取ってくれる第三者を探してくれます。

事故物件や訳あり物件でなければ、より良い条件で購入してくれる人を見つけ出すことができるでしょう。しかし、そもそも買い手がつきにくい物件の場合には、以下のようなデメリットがあります。

売買仲介では、メインターゲットが個人であることが多いです。そのため、「気持ちの問題」が大きく作用する事故物件や訳あり物件においては、「問い合わせはあったが説明をしたら辞退された」など、手間はかかるのに成約しない、という事態になりやすいといえます。

また、契約不適合責任があることもデメリットでしょう。契約不適合責任は、買主保護を目的に、売却物件に隠れた問題があった場合に売主が負う責任のことをいいます。事故物件の場合、事件や事故があったという心理的な瑕疵はもちろんですが、腐敗などによる建物の異臭や劣化などの物理的な瑕疵が生じることがあります。売却時点に気が付かず、あとから判明した場合にも責任を負う可能性があります。

さらに、仲介手数料もかかります。ただでさえ減額しなければ売りにくい物件であっても、売買仲介をまかせる以上は手数料がかかります。事故物件や訳あり物件であったとしても、手数料が減額されることは少ないと心得ておきましょう。

以上のことから、売買仲介業者に依頼しても事故物件や訳あり物件を売却するのは難しいということは覚悟しておきましょう。では、買取業者についてはどうでしょうか。

不動産買取業者にはノウハウがある

購入した物件や相続した物件にマイナスな事故がおきてしまった以上、その事実は残ります。

しかし不動産買取の専門業者ならば、一般の人が感じるような心象に関係なく、事故物件や訳あり不動産を購入することも多々あります。また、不動産取引のプロである宅建業者への売却になるため、取引が成立した後になって売主の不備を追求する契約不適合責任もありません。

事故物件の買取を行う事業者は、いわくつきの物件を購入した後、物件の修繕や改築をして再販することを予定しています。事業者によって強みや実施内容は違いますが、いずれもリフォームのノウハウや再販のノウハウを駆使した、いろいろなビジョンがあります。

つまり、彼らにとって当該物件が事故物件かどうかは大きな問題ではないため、事故物件の買取をしているのです。

当然、売主にとっても買取業者に依頼するメリットはたくさんあります。以下で詳しくみていきましょう。

事故物件買取専門業者に売却を頼むメリット

事故物件や訳あり物件を専門に取扱う買取業者に依頼するメリットを説明します。

不動産買取の専門業者は時間がかからない

通常物件であったとしても、自分で買主を探したり、売買仲介業者に買主候補を探してもらうには、どれだけ早くても数ヶ月の期間を要します。事故物件や訳あり不動産では、さらに長期間を要するでしょう。

しかし、不動産買取の専門業者に依頼すれば、不動産業者の実地調査に時間を要するだけなので、数週間で売却を実現できます。さらに、すぐに現金がまとめて振り込まれるというメリットもあります。

不動産買取の専門業者は適正価格で買い取ってくれる?

通常物件の買取では、売買仲介業者に依頼する場合よりも購入価格が低くなると言われます。売買契約後のリフォーム工事などの費用や、スピード感が売りである以上、相対的に低い値段設定がされるのは仕方がないことです。
しかし、事故物件や訳あり不動産の売買では、そもそも買い手が見つからなければ手元に入ってくるお金は0円です。もし売却するために自費でリフォーム代など費用を捻出するならば、トータルの収支では損をしているかもしれません。

専門業者による買取なら、事故物件や訳あり物件をある程度の売却価格水準で売却できることが多いとも言われています。事故物件の処分は買取専門会社に相談すれば、スムーズにすすみます。一度、検討してみるのもよいでしょう。


《採用情報》
事故物件にまつわる様々な社会問題にたいして真摯に向き合い、一緒に成仏不動産を盛り上げてくれる仲間を募集しています!ご興味がございましたらまずはエントリーください!
▽採用フォーム
▽成仏不動産、(株)MARKSについて

《関連サイト一覧》
成仏不動産公式サイト
高齢者と外国人と事故物件オーナーのための賃貸MATCHING
成仏不動産の特殊清掃SOS
成仏不動産の正しい買取
再建築不可救急隊
成仏不動産Facebook
成仏不動産Twitter
成仏不動産Instagram
成仏不動産YouTube