不動産業界内でもザワついています。心理的瑕疵ガイドライン(案)について。
弊社では室内で孤独死や自殺、他殺などが発生した不動産の買取・再販売を行っていることもあり、今後の正式決定がとても気になるところです。現状のガイドライン(案)について弊社代表の花原が見解を述べさせていただきましたので、是非ご覧いただけますと幸いです。

▽記事はコチラからご覧いただけます
「事故物件」新たな指針、専門サイトはどうみる? 殺人や自殺など発生から3年経てば告知不要…発生する2つの論点