【供養とお祓い】
 そもそも「供養」とはどういう事でしょうか。
「供養」と「お祓い」の違いからお伝えしていきます。


「供養」 
 肉体を離れてあの世(仏様の下)へ向かわれるいわゆる「往生」まで魂はこの世に残ると言われています。
通常は49日の後に旅立つと言われていますが、稀にこの世に残り続けてしまう魂があります。

 映画「シックスセンス」や地縛霊と言われる自分自身が死んでしまったと気付かない。
または、「未練」を残して成仏したくてもできない魂を成仏させる(往生させる)お手伝いをするのが「供養」というものです。

【お祓い】
 対して「お祓い」とは神道の考えに起因するもので「不浄」なものを文字通り「祓う」ことです。
古来より「死」=「穢れ」(けがれ・きがれ)と考えており、「不浄」が引き起こす災厄を「祓う」という考えです。

 それぞれ宗教宗派の違いもありますが、「供養」「お祓い」の違いは上記となります。
特に仏教の考えですと成仏のお手伝いである「供養」を行うのが一般的です。

【供養の対象】
 供養の対象は主に「人」「土地」「建物」です。多くの場合が「人※故人・ご先祖」への供養ですが中には「土地」「建物」への供養(ここでは対象がモノになりますのでお祓い的な要素が大きくなります)をご希望される方もいらっしゃいますが、どちらにも対応は可能となっております。

【供養の方法】
 各宗派に事故物件用の決まった供養の方法はありませんが、基本的には「人」に対する供養と同じ流れで行います。お米・お酒・お塩をお供えしてお経をあげます。

【宗派について】
 特にどこの宗派でなければならないという決まりはありませんが、当社では主に主要八宗と呼ばれる(浄土宗・浄土真宗本願寺派・真宗大谷派・天台宗・真言宗・曹洞宗・臨済宗・日蓮宗)の寺院様手配に対応しております。
 不動産供養に関しての場合、ご指定がなければ一般的に、「人」だけではなく「土地」「建物」のお祓い(供養)が可能とされている、

天台宗

日蓮宗

真言宗

 を指定する場合が多いといわれております。
理由として「土地」「建物」への供養は原則「祈祷」が出来る宗旨宗派が適切とされ、天台宗・日蓮宗・真言宗は祈祷を行える宗旨宗派となります。
 しかし、ご遺族が昔からお付き合いのある寺院様(菩提寺)がある方におかれまして、その寺院が天台宗、日蓮宗、真言宗でない場合、土地やお部屋の供養はできないのかという質問もあるのですが、地域や寺院様により様々なお考えがございますので、宗旨宗派に関係なく、一度お付き合いのある寺院様にご相談されますことをお勧めいたします。