不動産ニュースと不動産業務のためのサポートサイト 「R.E.port」に掲載されました。
記者の目からみた成仏不動産について書いていただきました。

目次
○不動産流通会社が専門サイトを始動
○取引敬遠する業者がほとんど。価格も大幅安
○「避けたい人」「探している人」双方にメリット
○『死を気にしない人たち』に人気

今回、「成仏不動産」というネーミングについても書いていただきました。
皆さん、名前だけ聞くと「ユニークで面白い」などのポジティブなご意見もあれば
「ふざけてるのでは?」などのネガティブなご意見も我々のもとに届きます。

「成仏不動産」というネーミングは、デザイナーを交えた打ち合わせで決定し、2つの意味を持っています。
ひとつは、亡くなった方の供養や、リフォーム等がきちんと済んでいるという意味の「成仏」。
もう一つは、事故が起きてしまった不動産でも、それを気にしない人に手渡してあげることで、
不動産としてきちんと成仏させてあげるという意味。

どちらも事故物件を取り扱う不動産会社としては重要なことだと我々は考えています。
とても深掘りして書いていただいてますので、是非ご覧くださいませ。

不動産ニュースと不動産業務のためのサポートサイト「R.E.port」
事故物件の流動化に挑む
コチラよりお進みください。