夕刊フジのThe情報源に大きく1面で特集していただきました。

見出しは「ネガティブ物件のイメージを変える」で、社会問題となっている空家や相続、行政・民間の対策などと絡めて書いていただいています。

事故物件は取り扱いの難しさなどから空家になってしまう確率が高いです。 空家率が上がってしまうと国や市の税収は減少し、公共サービスなどが滞りがちになるという負の連鎖を生むため巡り巡って自分たちにも影響が出てくることを考えると他人事では無くなります。

これからは事故物件だけではなく、再建築不可物件やゴミ屋敷など世の中に溢れるネガティブ物件にも目を向けなければならない時代なのです。

今後は売買が困難な不動産の相談にも対応して行く予定です。

是非ご一読頂けますと幸いです。