今年ついに国土交通省が事故物件の基準を明確にするためのガイドライン(指針)作成に乗り出すことになりました。

成仏不動産では「いつ」「どのようにして亡くなったのか」を明確に表記しているのでトラブルが発生した事例はありません。しかし、世の中ではトラブルが起きているからこそ、ガイドライン作成に至ったのでしょう。

知らない方も多いと思いますが事故物件の基準はとても曖昧で、不動産所有者や不動産会社で見解が分かれます。私達としては、賃借人・買主が購入の意思決定に関わる重要なことは全て伝えるべきだと考えています。

今回の記事では、代表の花原と成仏不動産専任担当の佐藤が取材を受けました。
ご一読いただけますと幸いです。

サイゾーウーマン
事故物件の告知基準は曖昧すぎる!? 
「30年前に殺人事件が起きた部屋」は事前に教えてもらえるのか?

成仏不動産公式サイト
高齢者と外国人と事故物件オーナーのための賃貸MATCHING
成仏不動産の特殊清掃SOS
成仏不動産Facebook
成仏不動産Twitter
成仏不動産note
成仏不動産Instagram
成仏不動産YouTube