成仏不動産では2019年4月より、今まで自社ホームページとして運営していたサイトを正式にプラットフォーム化し、全国の不動産会社様に利用いただけるようになりました。

今回特に力をいれたのが、ユーザー様が精神的負担に応じて物件を選びやすくするために設けた『成仏物件7つの区分』と事件事故発生時期の明記です。人によって「殺人は嫌だけど自殺なら大丈夫」「孤独死でも72時間(3日)以内であれば大丈夫」など、様々な基準があると思います。一方で、10年以上前の事件・事故であれば気にしないとい方もいらっしゃいます。これら2つを隠さず表示することが成仏物件の流通促進に繋がると考えています。

是非ご一読ください。 
事故物件、積極開示で価格納得 心理的負担を7分類で