「事故物件」という言葉を耳にすることも多いと思いますが、実は「事故物件」の定義は曖昧だというのはご存知でしょうか?今回は様々な物件の中での事故物件の立ち位置と、私たち成仏不動産が、事故物件のイメージアップと流通促進を目的として、事故物件の中に新たに基準を設けようとしている「成仏物件」について説明していきます。

【目次】

「事故物件」の定義とは?
告知事項有り、訳あり物件、心理的瑕疵(かし)物件、事故物件の違いって?
「成仏物件」という新たな基準とは?

事故物件の定義とは?

「事故物件」とはどのような物件だと思いますか?
その名の通り、事故がおこった物件や人が亡くなった怖い物件をイメージされる人が多いと思います。
したがって 一般的には、事故物件とは土地、建物、アパート、マンションにおいて、何らかの原因で居住者が死亡した経歴のあるものをいい、死亡原因によっては事故物件と呼ばないものもあるなど、判断基準は明確に定まっていません。
簡単にまとめてみました。

このように、程度、距離、時間の要素が加味される為、事故物件かどうかの判断が曖昧なものになっています。

告知事項有り、訳あり物件、心理的瑕疵(かし)物件、事故物件の違いって?

不動産業界には、事故物件に関連して様々な専門用語が存在しています。
例えば、ネットで物件を検索すると小さく「告知事項あり」と書かれていたり、格安物件を探していると「訳あり物件」という言葉が出てきたり、難しい言葉で「心理的瑕疵 (かし)物件」という表現がされていたりします。
※瑕疵(かし):きず、欠陥、不具合
これらを分かりやすく整理するとこのようになります。

このように、告知物件や訳あり物件といっても、
・心理的瑕疵物件:心理的な問題
・物理的瑕疵物件:モノの問題
・法的瑕疵物件:法的な問題
・環境的瑕疵物件:環境の問題
という形で大きく4つに分かれています。

成仏物件という新たな基準とは?

「事故物件」という言葉ですが、非常に印象の良くない言葉だと思いませんか?
「事故」を広辞苑で調べてみると、「思いがけず生じた悪い出来事」となっています。
たしかに人が亡くなった物件ではありますが、物件自体に問題があるわけではないにも関わらず、「悪い物件」という印象を強くさせる言葉になっています。

本当にこのまま「事故物件」という言葉を使っていて良いのでしょうか?

少子高齢化や核家族化に伴い、今後更に孤独死は増えていくと予想されています。
そのような中、買う側や借りる側の目線でみると、「事故物件」を避けたい人が多く存在するのも理解していますが、一方でその増えていく数だけ『所有している不動産が事故物件になって困っている人』がいるのも事実です。
私たち「成仏不動産」では、「事故物件」のイメージアップや流通促進を目的として、新たに「成仏物件」という基準をつくりたいと考えています

ポイントは大きく2点あります。

  • 「成仏」という言葉は、その字の通り「仏になる」や「幸福になる」という意味で使われる為、物件としてのイメージアップにつなげる。
  • 物件の状況に応じて、7つの段階に区分し、顧客ニーズに対応した選択ができるようにする。

まず、①については、亡くなった方の「成仏」という意味だけでなく、物件としても新たな顧客が見つかっていく様を「物件としての成仏」と捉えるという意味が込められています。人が亡くなった物件ではありますが、魂も物件も成仏することで輪廻転生のように未来まで住み継がれていくことを願っています。

次に②の7つの区分ですが、「成仏物件」を顧客目線でみた場合、
『殺人や自殺の物件は検討できないが、孤独死なら検討できる』
『マンションの共用部で事故があった物件やお墓が見える物件なら平気』
といったご意見を多くいただきました。
「成仏物件」の流通を促進するためには、選ぶ側の目線に立つことが必要であると考え、この7つの区分を作成しました。

■成仏物件の区分■

私たち「成仏不動産」では、この7つの区分に事件発生からの年数を補足することで、物件を選びやすく改善できると考えています。