事故物件を取り扱う弊社の取組内容や事故物件を取り巻く問題点、そしてこれからの成仏不動産の事業展開などについて書いていただきました。

成仏不動産では事故物件のことを成仏物件と呼んでいますが、その成仏物件を7つに区分することで、ユーザーのみなさんが成仏物件を選びやすくなると考えています。また、住宅確保要配慮者と呼ばれる高齢者や外国人の方と成仏物件をマッチングするサービスも考えています。これらの事業展開が、成仏物件のマーケット拡大につながり、ひいては成仏物件の価値向上になるのではと考えています。

是非ご一読ください。

WEDGE
「事故物件」を取り扱う成仏不動産の狙いは何か?